万葉集2910番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2910番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2910番について

歌番号

2910番

原文

心者|千重百重|思有杼|人目乎多見|妹尓不相可母

訓読

心には千重に百重に思へれど人目を多み妹に逢はぬかも

かな読み

こころには|ちへにももへに|おもへれど|ひとめをおほみ|いもにあはぬかも

カタカナ読み

ココロニハ|チヘニモモヘニ|オモヘレド|ヒトメヲオホミ|イモニアハヌカモ

ローマ字読み|大文字

KOKORONIHA|CHIHENIMOMOHENI|OMOHEREDO|HITOMEOHOMI|IMONIAHANUKAMO

ローマ字読み|小文字

kokoroniha|chihenimomoheni|omoheredo|hitomeohomi|imoniahanukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

恋情|人目|尫柜蹋

校異

特に無し

寛永版本

こころには[寛],
ちへにももへに[寛],
おもへれど,[寛]おもへれと,
ひとめをおほみ[寛],
いもにあはぬかも[寛],

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました