万葉集3016番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3016番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3016番について

歌番号

3016番

原文

山川之|瀧尓益流|戀為登曽|人知尓来|無間念者

訓読

山川の瀧にまされる恋すとぞ人知りにける間なくし思へば

かな読み

やまがはの|たきにまされる|こひすとぞ|ひとしりにける|まなくしおもへば

カタカナ読み

ヤマガハノ|タキニマサレル|コヒストゾ|ヒトシリニケル|マナクシオモヘバ

ローマ字読み|大文字

YAMAGAHANO|TAKINIMASARERU|KOHISUTOZO|HITOSHIRINIKERU|MANAKUSHIOMOHEBA

ローマ字読み|小文字

yamagahano|takinimasareru|kohisutozo|hitoshirinikeru|manakushiomoheba

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

人目|尫柜蹋|恋情

校異

特に無し

寛永版本

やまがはの,[寛]やまかはの,
たきにまされる[寛],
こひすとぞ,[寛]こひすとそ,
ひとしりにける[寛],
まなくしおもへば,[寛]まなくおもへは,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました