万葉集2876番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2876番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2876番について

歌番号

2876番

原文

里近|家<哉>應居|此吾目之|人目乎為乍|戀繁口

訓読

里近く家や居るべきこの我が目の人目をしつつ恋の繁けく

かな読み

さとちかく|いへやをるべき|このわがめの|ひとめをしつつ|こひのしげけく

カタカナ読み

サトチカク|イヘヤヲルベキ|コノワガメノ|ヒトメヲシツツ|コヒノシゲケク

ローマ字読み|大文字

SATOCHIKAKU|IHEYAORUBEKI|KONOWAGAMENO|HITOMEOSHITSUTSU|KOHINOSHIGEKEKU

ローマ字読み|小文字

satochikaku|iheyaorubeki|konowagameno|hitomeoshitsutsu|kohinoshigekeku

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

尫柜蹋|人目|恋情

校異

武->哉【西(右書訂正)】【元】【紀】【細】【温】|目之【元】目

寛永版本

さとちかく[寛],
いへやをるべき,[寛]いへやをるへき,
このわがめの,[寛]このわかめの,
ひとめをしつつ[寛],
こひのしげけく,[寛]こひのしけけく,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました