万葉集3374番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3374番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3374番について

歌番号

3374番

原文

武蔵野尓|宇良敝可多也伎|麻左弖尓毛|乃良奴伎美我名|宇良尓R尓家里

訓読

武蔵野に占部肩焼きまさでにも告らぬ君が名占に出にけり

かな読み

むざしのに|うらへかたやき|まさでにも|のらぬきみがな|うらにでにけり

カタカナ読み

ムザシノニ|ウラヘカタヤキ|マサデニモ|ノラヌキミガナ|ウラニデニケリ

ローマ字読み|大文字

MUZASHINONI|URAHEKATAYAKI|MASADENIMO|NORANUKIMIGANA|URANIDENIKERI

ローマ字読み|小文字

muzashinoni|urahekatayaki|masadenimo|noranukimigana|uranidenikeri

左注|左註

右九首武蔵國歌

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|埼玉県|東京都|地名|女歌|尫柜蹋|人目|恋愛

校異

特に無し

寛永版本

むざしのに,[寛]むさしのに,
うらへかたやき[寛],
まさでにも,[寛]まさてにも,
のらぬきみがな,[寛]のらぬきみかな,
うらにでにけり,[寛]うらにてにけり,

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました