万葉集2851番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2851番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2851番について

歌番号

2851番

原文

人所見|表結|人不見|裏紐開|戀日太

訓読

人の見る上は結びて人の見ぬ下紐開けて恋ふる日ぞ多き

かな読み

ひとのみる|うへはむすびて|ひとのみぬ|したひもあけて|こふるひぞおほき

カタカナ読み

ヒトノミル|ウヘハムスビテ|ヒトノミヌ|シタヒモアケテ|コフルヒゾオホキ

ローマ字読み|大文字

HITONOMIRU|UHEHAMUSUBITE|HITONOMINU|SHITAHIMOAKETE|KOFURUHIZOHOKI

ローマ字読み|小文字

hitonomiru|uhehamusubite|hitonominu|shitahimoakete|kofuruhizohoki

左注|左註

右廿三首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

略体|恋情|人目|女歌

校異

特に無し

寛永版本

ひとのみる,[寛]ひとめには,
うへはむすびて,[寛]うへもむすひて,
ひとのみぬ,[寛]しのひには,
したひもあけて,[寛]したひもとけて,
こふるひぞおほき,[寛]こふるひそおほき,

巻数

第12巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました