万葉集3806番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3806番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3806番について

歌番号

3806番

原文

事之有者|小泊瀬山乃|石城尓母|隠者共尓|莫思吾背

訓読

事しあらば小泊瀬山の石城にも隠らばともにな思ひそ我が背

かな読み

ことしあらば|をばつせやまの|いはきにも|こもらばともに|なおもひそわがせ

カタカナ読み

コトシアラバ|ヲバツセヤマノ|イハキニモ|コモラバトモニ|ナオモヒソワガセ

ローマ字読み|大文字

KOTOSHIARABA|OBATSUSEYAMANO|IHAKINIMO|KOMORABATOMONI|NAOMOHISOWAGASE

ローマ字読み|小文字

kotoshiaraba|obatsuseyamano|ihakinimo|komorabatomoni|naomohisowagase

左注|左註

右傳云|時有女子|不知父母竊接壮士也|壮士悚惕其親呵嘖稍有猶預之意|因此娘子<裁>作斯歌贈<與>其夫也

事項|分類・ジャンル

雑歌|物語|歌物語|密会|結婚|地名|墳墓|人目|女歌|恋情|伝承

校異

預【類】【古】(塙)豫|裁【西(上書訂正)】【尼】【類】【古】|歌【西】哥|歟->與【尼】【類】【古】

寛永版本

ことしあらば,[寛]ことしあらは,
をばつせやまの,[寛]をはつせやまの,
いはきにも[寛],
こもらばともに,[寛]こもらはともに,
なおもひそわがせ,[寛]おもふなわかせ,

巻数

第16巻

作者

娘子

タイトルとURLをコピーしました