万葉集2791番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2791番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2791番について

歌番号

2791番

原文

片絲用|貫有玉之|緒乎弱|乱哉為南|人之可知

訓読

片糸もち貫きたる玉の緒を弱み乱れやしなむ人の知るべく

かな読み

かたいともち|ぬきたるたまの|ををよわみ|みだれやしなむ|ひとのしるべく

カタカナ読み

カタイトモチ|ヌキタルタマノ|ヲヲヨワミ|ミダレヤシナム|ヒトノシルベク

ローマ字読み|大文字

KATAITOMOCHI|NUKITARUTAMANO|OYOWAMI|MIDAREYASHINAMU|HITONOSHIRUBEKU

ローマ字読み|小文字

kataitomochi|nukitarutamano|oyowami|midareyashinamu|hitonoshirubeku

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

恋情|比喩|序詞|人目

校異

特に無し

寛永版本

かたいともち,[寛]かたいともて,
ぬきたるたまの[寛],
ををよわみ,[寛]ををよはみ,
みだれやしなむ,[寛]みたれやしなむ,
ひとのしるべく,[寛]ひとのしるへく,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました