万葉集3109番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3109番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3109番について

歌番号

3109番

原文

慇懃|憶吾妹乎|人言之|繁尓因而|不通比日可聞

訓読

ねもころに思ふ我妹を人言の繁きによりて淀むころかも

かな読み

ねもころに|おもふわぎもを|ひとごとの|しげきによりて|よどむころかも

カタカナ読み

ネモコロニ|オモフワギモヲ|ヒトゴトノ|シゲキニヨリテ|ヨドムコロカモ

ローマ字読み|大文字

NEMOKORONI|OMOFUWAGIMO|HITOGOTONO|SHIGEKINIYORITE|YODOMUKOROKAMO

ローマ字読み|小文字

nemokoroni|omofuwagimo|hitogotono|shigekiniyorite|yodomukorokamo

左注|左註

右二首

事項|分類・ジャンル

人目|尫柜蹋|恋情

校異

特に無し

寛永版本

ねもころに[寛],
おもふわぎもを,[寛]おもふわきもを,
ひとごとの,[寛]ひとことの,
しげきによりて,[寛]しけきによりて,
よどむころかも,[寛]あはぬころかも,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました