万葉集3414番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3414番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3414番について

歌番号

3414番

原文

伊香保呂能|夜左可能為提尓|多都努自能|安良波路萬代母|佐祢乎佐祢弖婆

訓読

伊香保ろのやさかのゐでに立つ虹の現はろまでもさ寝をさ寝てば

かな読み

いかほろの|やさかのゐでに|たつのじの|あらはろまでも|さねをさねてば

カタカナ読み

イカホロノ|ヤサカノヰデニ|タツノジノ|アラハロマデモ|サネヲサネテバ

ローマ字読み|大文字

IKAHORONO|YASAKANOIDENI|TATSUNOJINO|ARAHAROMADEMO|SANEOSANETEBA

ローマ字読み|小文字

ikahorono|yasakanoideni|tatsunojino|araharomademo|saneosaneteba

左注|左註

右廿二首上野國歌

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|群馬県|地名|伊香保|序詞|人目|恋愛|逢会

校異

特に無し

寛永版本

いかほろの[寛],
やさかのゐでに,[寛]やさかのゐてに,
たつのじの,[寛]たつのしの,
あらはろまでも,[寛]あらはろまても,
さねをさねてば,[寛]さねをさねては,

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました