叙景

スポンサーリンク
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4511番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4511番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4511番について歌番号4511番原文乎之能須牟|伎美我許乃之麻|家布美礼婆|安之婢乃波奈毛|左伎尓家流可母訓読鴛鴦の住む君がこの山斎今日見れば馬酔木の花も咲きにけるかもかな...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4512番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4512番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4512番について歌番号4512番原文伊氣美豆尓|可氣左倍見要氐|佐伎尓保布|安之婢乃波奈乎|蘇弖尓古伎礼奈訓読池水に影さへ見えて咲きにほふ馬酔木の花を袖に扱入れなかな読みい...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4489番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4489番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4489番について歌番号4489番原文宇知奈婢久|波流乎知可美加|奴婆玉乃|己与比能都久欲|可須美多流良牟訓読うち靡く春を近みかぬばたまの今夜の月夜霞みたるらむかな読みうちな...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4495番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4495番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4495番について歌番号4495番原文打奈婢久|波流等毛之流久|宇具比須波|宇恵木之樹間乎|奈和多良奈牟訓読うち靡く春ともしるく鴬は植木の木間を鳴き渡らなむかな読みうちなびく...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4462番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4462番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4462番について歌番号4462番原文布奈藝保布|保利江乃可波乃|美奈伎波尓|伎為都々奈久波|美夜故杼里香蒙訓読舟競ふ堀江の川の水際に来居つつ鳴くは都鳥かもかな読みふなぎほふ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4452番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4452番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4452番について歌番号4452番原文乎等賣良我|多麻毛須蘇婢久|許能尓波尓|安伎可是不吉弖|波奈波知里都々訓読娘子らが玉裳裾引くこの庭に秋風吹きて花は散りつつかな読みをとめ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4453番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4453番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4453番について歌番号4453番原文安吉加是能|布伎古吉之家流|波奈能尓波|伎欲伎都久欲仁|美礼杼安賀奴香母訓読秋風の吹き扱き敷ける花の庭清き月夜に見れど飽かぬかもかな読み...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4460番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4460番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4460番について歌番号4460番原文保利江己具|伊豆手乃船乃|可治都久米|於等之婆多知奴|美乎波也美加母訓読堀江漕ぐ伊豆手の舟の楫つくめ音しば立ちぬ水脈早みかもかな読みほり...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4434番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4434番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4434番について歌番号4434番原文比婆里安我流|波流弊等佐夜尓|奈理奴礼波|美夜古母美要受|可須美多奈妣久訓読ひばり上がる春へとさやになりぬれば都も見えず霞たなびくかな読...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4380番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4380番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4380番について歌番号4380番原文奈尓波刀乎|己岐埿弖美例婆|可美佐夫流|伊古麻多可祢尓|久毛曽多奈妣久訓読難波津を漕ぎ出て見れば神さぶる生駒高嶺に雲ぞたなびくかな読みな...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4384番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4384番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4384番について歌番号4384番原文阿加等伎乃|加波多例等枳尓|之麻加枳乎|己枳尓之布祢乃|他都枳之良須母訓読暁のかはたれ時に島蔭を漕ぎ去し船のたづき知らずもかな読みあかと...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4296番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4296番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4296番について歌番号4296番原文安麻久母尓|可里曽奈久奈流|多加麻刀能|波疑乃之多婆波|毛美知安倍牟可聞訓読天雲に雁ぞ鳴くなる高円の萩の下葉はもみちあへむかもかな読みあ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4305番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4305番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4305番について歌番号4305番原文許乃久礼能|之氣伎乎乃倍乎|保等登藝須|奈伎弖故由奈理|伊麻之久良之母訓読木の暗の茂き峰の上を霍公鳥鳴きて越ゆなり今し来らしもかな読みこ...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4290番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4290番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4290番について歌番号4290番原文春野尓|霞多奈i伎|宇良悲|許能暮影尓|鴬奈久母訓読春の野に霞たなびきうら悲しこの夕影に鴬鳴くもかな読みはるののに|かすみたなびき|うら...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4286番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4286番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4286番について歌番号4286番原文御苑布能|竹林尓|鴬波|之波奈吉尓之乎|雪波布利都々訓読御園生の竹の林に鴬はしば鳴きにしを雪は降りつつかな読みみそのふの|たけのはやしに...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4149番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4149番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4149番について歌番号4149番原文足引之|八峯之雉|鳴響|朝開之霞|見者可奈之母訓読あしひきの八つ峰の雉鳴き響む朝明の霞見れば悲しもかな読みあしひきの|やつをのきぎし|な...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4150番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4150番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4150番について歌番号4150番原文朝床尓|聞者遥之|射水河|朝己藝思都追|唱船人訓読朝床に聞けば遥けし射水川朝漕ぎしつつ唄ふ舟人かな読みあさとこに|きけばはるけし|いみづ...
万葉集|第18巻の和歌一覧

万葉集4079番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4079番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4079番について歌番号4079番原文美之麻野尓|可須美多奈妣伎|之可須我尓|伎乃敷毛家布毛|由伎波敷里都追訓読三島野に霞たなびきしかすがに昨日も今日も雪は降りつつかな読みみ...
万葉集|第18巻の和歌一覧

万葉集4093番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4093番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4093番について歌番号4093番原文安乎能宇良尓|餘須流之良奈美|伊夜末之尓|多知之伎与世久|安由乎伊多美可聞訓読阿尾の浦に寄する白波いや増しに立ちしき寄せ来東風をいたみか...
万葉集|第18巻の和歌一覧

万葉集4072番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4072番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4072番について歌番号4072番原文奴多麻能|欲和多流都奇乎|伊久欲布等|余美都追伊毛波|和礼麻都良牟曽訓読ぬばたまの夜渡る月を幾夜経と数みつつ妹は我れ待つらむぞかな読みぬ...
万葉集|第18巻の和歌一覧

万葉集4034番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4034番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4034番について歌番号4034番原文奈呉能宇美尓|之保能波夜非波|安佐里之尓|伊牟等多豆波|伊麻曽奈久奈流訓読奈呉の海に潮の早干ばあさりしに出でむと鶴は今ぞ鳴くなるかな読み...
万葉集|第18巻の和歌一覧

万葉集4035番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4035番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4035番について歌番号4035番原文保等登藝須|伊等布登伎奈之|安夜賣具左|加豆良尓武日|許由奈伎和多礼訓読霍公鳥いとふ時なしあやめぐさかづらにせむ日こゆ鳴き渡れかな読みほ...
万葉集|第18巻の和歌一覧

万葉集4044番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4044番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4044番について歌番号4044番原文波萬部余里|和我宇知由可波|宇美邊欲|牟可倍母許奴可|安麻能都里夫祢訓読浜辺より我が打ち行かば海辺より迎へも来ぬか海人の釣舟かな読みはま...
万葉集|第17巻の和歌一覧

万葉集4017番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4017番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4017番について歌番号4017番原文東風||伊多久布久良之|奈呉乃安麻能|都利須流乎夫祢|許藝可久流見由訓読あゆの風||いたく吹くらし奈呉の海人の釣する小船漕ぎ隠る見ゆかな...
万葉集|第17巻の和歌一覧

万葉集4018番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4018番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4018番について歌番号4018番原文美奈刀可是|佐牟久布久良之|奈呉乃江尓|都麻欲可波之|多豆左波尓奈久|訓読港風寒く吹くらし奈呉の江に妻呼び交し鶴多に鳴く|かな読みみなと...
万葉集|第17巻の和歌一覧

万葉集4021番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4021番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4021番について歌番号4021番原文乎加未河|久礼奈為尓保布|乎等賣良之|葦附等流登|湍尓多々須良之訓読雄神川紅にほふ娘子らし葦付取ると瀬に立たすらしかな読みをかみがは|く...
万葉集|第17巻の和歌一覧

万葉集4023番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4023番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4023番について歌番号4023番原文賣比河波能|波夜伎瀬其等尓|可我里佐之|夜蘇登毛乃乎波|宇加波多知家里訓読婦負川の早き瀬ごとに篝さし八十伴の男は鵜川立ちけりかな読みめひ...
万葉集|第17巻の和歌一覧

万葉集4025番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4025番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4025番について歌番号4025番原文之乎路可良|多太古要久礼婆|波久比能海|安佐奈藝思多理|船梶母我毛訓読志雄路から直越え来れば羽咋の海朝なぎしたり船楫もがもかな読みしをぢ...
万葉集|第17巻の和歌一覧

万葉集4029番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4029番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4029番について歌番号4029番原文珠洲能宇美尓|安佐良伎之弖|許藝久礼婆|奈我麻能宇良尓|都奇氐理尓家里訓読珠洲の海に朝開きして漕ぎ来れば長浜の浦に月照りにけりかな読みす...
万葉集|第17巻の和歌一覧

万葉集3988番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3988番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3988番について歌番号3988番原文奴婆多麻|都奇尓牟加比氐|保登等藝須|奈久於登波流氣之|佐刀騰保美可聞訓読ぬばたまの月に向ひて霍公鳥鳴く音遥けし里遠みかもかな読みぬばた...
万葉集|第17巻の和歌一覧

万葉集3953番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3953番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3953番について歌番号3953番原文鴈我祢波|都可比尓許牟等|佐和久良武|秋風左無美|曽乃可波能倍尓訓読雁がねは使ひに来むと騒くらむ秋風寒みその川の上にかな読みかりがねは|...
万葉集|第17巻の和歌一覧

万葉集3955番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3955番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3955番について歌番号3955番原文奴婆多麻乃|欲波布氣奴良之|多末久之氣|敷多我美夜麻尓|月加多夫伎奴訓読ぬばたまの夜は更けぬらし玉櫛笥二上山に月かたぶきぬかな読みぬばた...
万葉集|第17巻の和歌一覧

万葉集3890番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3890番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3890番について歌番号3890番原文和我勢兒乎|安我松原欲|見度婆|安麻乎等女登母|多麻藻可流美由訓読我が背子を安我松原よ見わたせば海人娘子ども玉藻刈る見ゆかな読みわがせこ...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3716番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3716番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3716番について歌番号3716番原文安麻久毛能|多由多比久礼婆|九月能|毛未知能山毛|宇都呂比尓家里訓読天雲のたゆたひ来れば九月の黄葉の山もうつろひにけりかな読みあまくもの...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3697番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3697番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3697番について歌番号3697番原文毛母布祢乃|波都流對馬能|安佐治山|志具礼能安米尓|毛美多比尓家里訓読百船の泊つる対馬の浅茅山しぐれの雨にもみたひにけりかな読みももふね...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3700番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3700番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3700番について歌番号3700番原文安之比奇能|山下比可流|毛美知葉能|知里能麻河比波|計布仁聞安流香母訓読あしひきの山下光る黄葉の散りの乱ひは今日にもあるかもかな読みあし...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3702番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3702番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3702番について歌番号3702番原文多可思吉能|宇良能毛美知|礼由伎弖|可敝里久流末R|知里許須奈由米訓読竹敷の浦廻の黄葉我れ行きて帰り来るまで散りこすなゆめかな読みたかし...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3703番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3703番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3703番について歌番号3703番原文多可思吉能|宇敝可多山者|久礼奈為能|也之保能伊呂尓|奈里尓家流香聞訓読竹敷の宇敝可多山は紅の八しほの色になりにけるかもかな読みたかしき...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3672番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3672番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3672番について歌番号3672番原文比左可多能|月者弖利多里|伊刀麻奈久|安麻能伊射里波|等毛之安敝里見由訓読ひさかたの月は照りたり暇なく海人の漁りは灯し合へり見ゆかな読み...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3654番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3654番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3654番について歌番号3654番原文可之布江尓|多豆奈吉和多流|之可能宇良尓|於枳都之良奈美|多知之久良思母訓読可之布江に鶴鳴き渡る志賀の浦に沖つ白波立ちし来らしもかな読み...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3654S番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3654S番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3654S番について歌番号3654異伝歌番原文美知之伎奴良思訓読満ちし来ぬらしかな読みみちしきぬらしカタカナ読みミチシキヌラシローマ字読み|大文字MICHISHIKINUR...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3655番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3655番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3655番について歌番号3655番原文伊麻欲理波|安伎豆吉奴良之|安思比奇能|夜麻末都可氣尓|日具良之奈伎奴訓読今よりは秋づきぬらしあしひきの山松蔭にひぐらし鳴きぬかな読みい...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3661番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3661番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3661番について歌番号3661番原文可是能牟多|与世久流奈美尓|伊射里須流|安麻乎等女良我|毛能須素奴礼奴訓読風の共寄せ来る波に漁りする海人娘子らが裳の裾濡れぬかな読みかぜ...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3661S番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3661S番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3661S番について歌番号3661異伝歌番原文安麻乃乎等賣我|毛能須蘇奴礼訓読海人の娘子が裳の裾濡れぬかな読みあまのをとめが|ものすそぬれぬカタカナ読みアマノヲトメガ|モノ...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3664番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3664番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3664番について歌番号3664番原文之可能宇良尓|伊射里須流安麻|安氣久礼婆|宇良未許具良之|可治能於等伎許由訓読志賀の浦に漁りする海人明け来れば浦廻漕ぐらし楫の音聞こゆか...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3653番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3653番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3653番について歌番号3653番原文思可能宇良尓|伊射里須流安麻|伊敝等能|麻知古布良牟尓|安可思都流宇乎訓読志賀の浦に漁りする海人家人の待ち恋ふらむに明かし釣る魚かな読み...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3638番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3638番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3638番について歌番号3638番原文巨礼也己能|名尓於布奈流門能|宇頭之保尓|多麻毛可流登布|安麻乎等女杼毛訓読これやこの名に負ふ鳴門のうづ潮に玉藻刈るとふ海人娘子どもかな...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3641番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3641番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3641番について歌番号3641番原文安可等伎能|伊敝胡悲之伎尓|宇良欲理|可治乃於等須流波|安麻乎等女可母訓読暁の家恋しきに浦廻より楫の音するは海人娘子かもかな読みあかとき...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3642番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3642番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3642番について歌番号3642番原文於枳敝欲理|之保美知久良之|可良能宇良尓|安佐里須流多豆|奈伎弖佐和伎奴訓読沖辺より潮満ち来らし可良の浦にあさりする鶴鳴きて騒きぬかな読...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3615番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3615番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3615番について歌番号3615番原文和我由恵仁|妹奈氣久良之|風早能|宇良能於伎敝尓|奇里多奈妣家利訓読我がゆゑに妹嘆くらし風早の浦の沖辺に霧たなびけりかな読みわがゆゑに|...
タイトルとURLをコピーしました