万葉集3890番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3890番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3890番について

歌番号

3890番

原文

和我勢兒乎|安我松原欲|見度婆|安麻乎等女登母|多麻藻可流美由

訓読

我が背子を安我松原よ見わたせば海人娘子ども玉藻刈る見ゆ

かな読み

わがせこを|あがまつばらよ|みわたせば|あまをとめども|たまもかるみゆ

カタカナ読み

ワガセコヲ|アガマツバラヨ|ミワタセバ|アマヲトメドモ|タマモカルミユ

ローマ字読み|大文字

WAGASEKO|AGAMATSUBARAYO|MIWATASEBA|AMAOTOMEDOMO|TAMAMOKARUMIYU

ローマ字読み|小文字

wagaseko|agamatsubarayo|miwataseba|amaotomedomo|tamamokarumiyu

左注|左註

右一首三野連石守作

事項|分類・ジャンル

天平2年11月年紀|旅人従者|羈旅|大伴旅人|帰京|地名|北九州|福岡|叙景|枕詞

校異

羇【元】【紀】【細】(塙)羈

寛永版本

わがせこを,[寛]わかせこを,
あがまつばらよ,[寛]あかまつはらよ,
みわたせば,[寛]みわたせは,
あまをとめども,[寛]あまをとめとも,
たまもかるみゆ[寛],

巻数

第17巻

作者

三野石守

タイトルとURLをコピーしました