万葉集4286番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4286番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4286番について

歌番号

4286番

原文

御苑布能|竹林尓|鴬波|之波奈吉尓之乎|雪波布利都々

訓読

御園生の竹の林に鴬はしば鳴きにしを雪は降りつつ

かな読み

みそのふの|たけのはやしに|うぐひすは|しばなきにしを|ゆきはふりつつ

カタカナ読み

ミソノフノ|タケノハヤシニ|ウグヒスハ|シバナキニシヲ|ユキハフリツツ

ローマ字読み|大文字

MISONOFUNO|TAKENOHAYASHINI|UGUHISUHA|SHIBANAKINISHIO|YUKIHAFURITSUTSU

ローマ字読み|小文字

misonofuno|takenohayashini|uguhisuha|shibanakinishio|yukihafuritsutsu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

天平勝宝5年1月11日年紀|動物|叙景

校異

波【元】伎

寛永版本

みそのふの[寛],
たけのはやしに[寛],
うぐひすは,[寛]うくひすは,
しばなきにしを,[寛]しはなきにしを,
ゆきはふりつつ[寛],

巻数

第19巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました