万葉集4021番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4021番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4021番について

歌番号

4021番

原文

乎加未河<泊>|久礼奈為尓保布|乎等賣良之|葦附[水松之類]等流登|湍尓多々須良之

訓読

雄神川紅にほふ娘子らし葦付[水松之類]取ると瀬に立たすらし

かな読み

をかみがは|くれなゐにほふ|をとめらし|あしつきとると|せにたたすらし

カタカナ読み

ヲカミガハ|クレナヰニホフ|ヲトメラシ|アシツキトルト|セニタタスラシ

ローマ字読み|大文字

OKAMIGAHA|KURENAINIHOFU|OTOMERASHI|ASHITSUKITORUTO|SENITATASURASHI

ローマ字読み|小文字

okamigaha|kurenainihofu|otomerashi|ashitsukitoruto|senitatasurashi

左注|左註

右件歌詞者|依春出擧巡行諸郡|當時<當>所属目作之|大伴宿祢家持

事項|分類・ジャンル

天平20年春年紀|部内巡航|地名|富山|植物|叙景|羈旅

校異

伯->泊【細】【温】【矢】【京】

寛永版本

をかみがは,[寛]をかみかは,
くれなゐにほふ[寛],
をとめらし[寛],
あしつきとると[寛],
せにたたすらし[寛],

巻数

第17巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました