万葉集4290番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4290番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

万葉集4290番について

歌番号

4290番

原文

春野尓|霞多奈i伎|宇良悲|許能暮影尓|鴬奈久母

訓読

春の野に霞たなびきうら悲しこの夕影に鴬鳴くも

かな読み

はるののに|かすみたなびき|うらがなし|このゆふかげに|うぐひすなくも

カタカナ読み

ハルノノニ|カスミタナビキ|ウラガナシ|コノユフカゲニ|ウグヒスナクモ

ローマ字読み|大文字

HARUNONONI|KASUMITANABIKI|URAGANASHI|KONOYUFUKAGENI|UGUHISUNAKUMO

ローマ字読み|小文字

harunononi|kasumitanabiki|uraganashi|konoyufukageni|uguhisunakumo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

天平勝宝5年2月23日年紀|動物|春愁|叙景|依興|悲嘆

校異

特に無し

寛永版本

はるののに[寛],
かすみたなびき,[寛]かすみたなひき,
うらがなし,[寛]うらかなし,
このゆふかげに,[寛]このゆふかけに,
うぐひすなくも,[寛]うくひすなくも,

巻数

第19巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました