万葉集3654番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3654番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3654番について

歌番号

3654番

原文

可之布江尓|多豆奈吉和多流|之可能宇良尓|於枳都之良奈美|多知之久良思母

訓読

可之布江に鶴鳴き渡る志賀の浦に沖つ白波立ちし来らしも

かな読み

かしふえに|たづなきわたる|しかのうらに|おきつしらなみ|たちしくらしも

カタカナ読み

カシフエニ|タヅナキワタル|シカノウラニ|オキツシラナミ|タチシクラシモ

ローマ字読み|大文字

KASHIFUENI|TAZUNAKIWATARU|SHIKANORANI|OKITSUSHIRANAMI|TACHISHIKURASHIMO

ローマ字読み|小文字

kashifueni|tazunakiwataru|shikanorani|okitsushiranami|tachishikurashimo

左注|左註

一云|美知之伎奴良思

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|羈旅|地名|福岡|志賀島|叙景|異伝

校異

特に無し

寛永版本

かしふえに[寛],
たづなきわたる,[寛]たつなきわたる,
しかのうらに[寛],
おきつしらなみ[寛],
たちしくらしも[寛],

巻数

第15巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました