万葉集3638番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3638番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3638番について

歌番号

3638番

原文

巨礼也己能|名尓於布奈流門能|宇頭之保尓|多麻毛可流登布|安麻乎等女杼毛

訓読

これやこの名に負ふ鳴門のうづ潮に玉藻刈るとふ海人娘子ども

かな読み

これやこの|なにおふなるとの|うづしほに|たまもかるとふ|あまをとめども

カタカナ読み

コレヤコノ|ナニオフナルトノ|ウヅシホニ|タマモカルトフ|アマヲトメドモ

ローマ字読み|大文字

KOREYAKONO|NANIOFUNARUTONO|UZUSHIHONI|TAMAMOKARUTOFU|AMAOTOMEDOMO

ローマ字読み|小文字

koreyakono|naniofunarutono|uzushihoni|tamamokarutofu|amaotomedomo

左注|左註

右一首田邊秋庭

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|羈旅|土地讃美|山口|大畠瀬戸|叙景|追想

校異

特に無し

寛永版本

これやこの[寛],
なにおふなるとの[寛],
うづしほに,[寛]うつしほに,
たまもかるとふ[寛],
あまをとめども,[寛]あまをとめとも,

巻数

第15巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました