万葉集4029番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4029番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4029番について

歌番号

4029番

原文

珠洲能宇美尓|安佐<妣>良伎之弖|許藝久礼婆|奈我<波>麻能宇良尓|都奇氐理尓家里

訓読

珠洲の海に朝開きして漕ぎ来れば長浜の浦に月照りにけり

かな読み

すずのうみに|あさびらきして|こぎくれば|ながはまのうらに|つきてりにけり

カタカナ読み

スズノウミニ|アサビラキシテ|コギクレバ|ナガハマノウラニ|ツキテリニケリ

ローマ字読み|大文字

SUZUNOMINI|ASABIRAKISHITE|KOGIKUREBA|NAGAHAMANORANI|TSUKITERINIKERI

ローマ字読み|小文字

suzunomini|asabirakishite|kogikureba|nagahamanorani|tsukiterinikeri

左注|左註

右件歌詞者|依春出擧巡行諸郡|當時<當>所属目作之|大伴宿祢家持

事項|分類・ジャンル

天平20年春年紀|地名|能登|富山|道行翮|氷見|叙景|羈旅|土地讃美

校異

比->妣【元】【類】|婆->波【元】【類】【紀】【細】|->當【元】

寛永版本

すずのうみに,[寛]すすのうみに,
あさびらきして,[寛]あさひらきして,
こぎくれば,[寛]こきくれは,
ながはまのうらに,[寛]なかはまのうらに,
つきてりにけり[寛],

巻数

第17巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました