万葉集4489番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4489番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4489番について

歌番号

4489番

原文

宇知奈婢久|波流乎知可美加|奴婆玉乃|己与比能都久欲|可須美多流良牟

訓読

うち靡く春を近みかぬばたまの今夜の月夜霞みたるらむ

かな読み

うちなびく|はるをちかみか|ぬばたまの|こよひのつくよ|かすみたるらむ

カタカナ読み

ウチナビク|ハルヲチカミカ|ヌバタマノ|コヨヒノツクヨ|カスミタルラム

ローマ字読み|大文字

UCHINABIKU|HARUOCHIKAMIKA|NUBATAMANO|KOYOHINOTSUKUYO|KASUMITARURAMU

ローマ字読み|小文字

uchinabiku|haruochikamika|nubatamano|koyohinotsukuyo|kasumitaruramu

左注|左註

右一首大蔵大輔甘南備伊香真人

事項|分類・ジャンル

天平宝字1年12月18日年紀|三形王|枕詞|叙景|宴席

校異

特に無し

寛永版本

うちなびく,[寛]うちなひく,
はるをちかみか[寛],
ぬばたまの,[寛]ぬはたまの,
こよひのつくよ[寛],
かすみたるらむ[寛],

巻数

第20巻

作者

甘南備伊香

タイトルとURLをコピーしました