万葉集3661番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3661番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3661番について

歌番号

3661番

原文

可是能牟多|与世久流奈美尓|伊射里須流|安麻乎等女良我|毛能須素奴礼奴

訓読

風の共寄せ来る波に漁りする海人娘子らが裳の裾濡れぬ

かな読み

かぜのむた|よせくるなみに|いざりする|あまをとめらが|ものすそぬれぬ

カタカナ読み

カゼノムタ|ヨセクルナミニ|イザリスル|アマヲトメラガ|モノスソヌレヌ

ローマ字読み|大文字

KAZENOMUTA|YOSEKURUNAMINI|IZARISURU|AMAOTOMERAGA|MONOSUSONURENU

ローマ字読み|小文字

kazenomuta|yosekurunamini|izarisuru|amaotomeraga|monosusonurenu

左注|左註

一云|安麻乃乎等賣我|毛能須蘇奴礼<濃>

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|福岡|叙景|羈旅|異伝

校異

奴->濃【類】【紀】【細】

寛永版本

かぜのむた,[寛]かせのむた,
よせくるなみに[寛],
いざりする,[寛]いさりする,
あまをとめらが,[寛]あまをとめらか,
ものすそぬれぬ[寛],

巻数

第15巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました