万葉集3655番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3655番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3655番について

歌番号

3655番

原文

伊麻欲理波|安伎豆吉奴良之|安思比奇能|夜麻末都可氣尓|日具良之奈伎奴

訓読

今よりは秋づきぬらしあしひきの山松蔭にひぐらし鳴きぬ

かな読み

いまよりは|あきづきぬらし|あしひきの|やままつかげに|ひぐらしなきぬ

カタカナ読み

イマヨリハ|アキヅキヌラシ|アシヒキノ|ヤママツカゲニ|ヒグラシナキヌ

ローマ字読み|大文字

IMAYORIHA|AKIZUKINURASHI|ASHIHIKINO|YAMAMATSUKAGENI|HIGURASHINAKINU

ローマ字読み|小文字

imayoriha|akizukinurashi|ashihikino|yamamatsukageni|higurashinakinu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|羈旅|福岡|枕詞|恋情|叙景

校異

特に無し

寛永版本

いまよりは[寛],
あきづきぬらし,[寛]あきつきぬらし,
あしひきの[寛],
やままつかげに,[寛]やままつかけに,
ひぐらしなきぬ,[寛]ひくらしなきぬ,

巻数

第15巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました