万葉集3653番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3653番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3653番について

歌番号

3653番

原文

思可能宇良尓|伊射里須流安麻|伊敝<妣>等能|麻知古布良牟尓|安可思都流宇乎

訓読

志賀の浦に漁りする海人家人の待ち恋ふらむに明かし釣る魚

かな読み

しかのうらに|いざりするあま|いへびとの|まちこふらむに|あかしつるうを

カタカナ読み

シカノウラニ|イザリスルアマ|イヘビトノ|マチコフラムニ|アカシツルウヲ

ローマ字読み|大文字

SHIKANORANI|IZARISURUAMA|IHEBITONO|MACHIKOFURAMUNI|AKASHITSURUO

ローマ字読み|小文字

shikanorani|izarisuruama|ihebitono|machikofuramuni|akashitsuruo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|地名|福岡|志賀島|叙景|羈旅|望郷

校異

比->妣【類】【細】

寛永版本

しかのうらに[寛],
いざりするあま[寛],
いへびとの,[寛]いへひとの,
まちこふらむに[寛],
あかしつるうを[寛],

巻数

第15巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました