万葉集3661S番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3661S番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3661S番について

歌番号

3661異伝歌番

原文

安麻乃乎等賣我|毛能須蘇奴礼<濃>

訓読

海人の娘子が裳の裾濡れぬ

かな読み

あまのをとめが|ものすそぬれぬ

カタカナ読み

アマノヲトメガ|モノスソヌレヌ

ローマ字読み|大文字

AMANOTOMEGA|MONOSUSONURENU

ローマ字読み|小文字

amanotomega|monosusonurenu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|羈旅|福岡|叙景|異伝

校異

特に無し

寛永版本

あまのをとめが,[寛]あまのをとめか,
ものすそぬれぬ[寛],

巻数

第15巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました