万葉集3697番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3697番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3697番について

歌番号

3697番

原文

毛母布祢乃|波都流對馬能|安佐治山|志具礼能安米尓|毛美多比尓家里

訓読

百船の泊つる対馬の浅茅山しぐれの雨にもみたひにけり

かな読み

ももふねの|はつるつしまの|あさぢやま|しぐれのあめに|もみたひにけり

カタカナ読み

モモフネノ|ハツルツシマノ|アサヂヤマ|シグレノアメニ|モミタヒニケリ

ローマ字読み|大文字

MOMOFUNENO|HATSURUTSUSHIMANO|ASAJIYAMA|SHIGURENOAMENI|MOMITAHINIKERI

ローマ字読み|小文字

momofuneno|hatsurutsushimano|asajiyama|shigurenoameni|momitahinikeri

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|長崎|対馬|叙景|羈旅|地名

校異

歌【西】謌

寛永版本

ももふねの[寛],
はつるつしまの[寛],
あさぢやま,[寛]あさちやま,
しぐれのあめに,[寛]しくれのあめに,
もみたひにけり[寛],

巻数

第15巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました