万葉集4035番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4035番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4035番について

歌番号

4035番

原文

保等登藝須|伊等布登伎奈之|安夜賣具左|加豆良尓<勢>武日|許由奈伎和多礼

訓読

霍公鳥いとふ時なしあやめぐさかづらにせむ日こゆ鳴き渡れ

かな読み

ほととぎす|いとふときなし|あやめぐさ|かづらにせむひ|こゆなきわたれ

カタカナ読み

ホトトギス|イトフトキナシ|アヤメグサ|カヅラニセムヒ|コユナキワタレ

ローマ字読み|大文字

HOTOTOGISU|ITOFUTOKINASHI|AYAMEGUSA|KAZURANISEMUHI|KOYUNAKIWATARE

ローマ字読み|小文字

hototogisu|itofutokinashi|ayamegusa|kazuranisemuhi|koyunakiwatare

左注|左註

右四首田邊史福麻呂

事項|分類・ジャンル

天平20年3月23日|動物|植物|叙景|宴席|挨拶|大伴家持年紀

校異

藝->勢【細】

寛永版本

ほととぎす,[寛]ほとときす,
いとふときなし[寛],
あやめぐさ,[寛]あやめくさ,
かづらにせむひ,[寛]かつらにせむひ,
こゆなきわたれ[寛],

巻数

第18巻

作者

田辺福麻呂

タイトルとURLをコピーしました