万葉集3700番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3700番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3700番について

歌番号

3700番

原文

安之比奇能|山下比可流|毛美知葉能|知里能麻河比波|計布仁聞安流香母

訓読

あしひきの山下光る黄葉の散りの乱ひは今日にもあるかも

かな読み

あしひきの|やましたひかる|もみちばの|ちりのまがひは|けふにもあるかも

カタカナ読み

アシヒキノ|ヤマシタヒカル|モミチバノ|チリノマガヒハ|ケフニモアルカモ

ローマ字読み|大文字

ASHIHIKINO|YAMASHITAHIKARU|MOMICHIBANO|CHIRINOMAGAHIHA|KEFUNIMOARUKAMO

ローマ字読み|小文字

ashihikino|yamashitahikaru|momichibano|chirinomagahiha|kefunimoarukamo

左注|左註

右一首大使

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|羈旅|長崎|対馬|叙景

校異

->各【類】【細】|流【類】【細】(塙)留

寛永版本

あしひきの[寛],
やましたひかる[寛],
もみちばの,[寛]もみちはの,
ちりのまがひは,[寛]ちりのまかひは,
けふにもあるかも[寛],

巻数

第15巻

作者

阿倍継麻呂

タイトルとURLをコピーしました