万葉集3988番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3988番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3988番について

歌番号

3988番

原文

奴婆多麻<乃>|都奇尓牟加比氐|保登等藝須|奈久於登波流氣之|佐刀騰保美可聞

訓読

ぬばたまの月に向ひて霍公鳥鳴く音遥けし里遠みかも

かな読み

ぬばたまの|つきにむかひて|ほととぎす|なくおとはるけし|さとどほみかも

カタカナ読み

ヌバタマノ|ツキニムカヒテ|ホトトギス|ナクオトハルケシ|サトドホミカモ

ローマ字読み|大文字

NUBATAMANO|TSUKINIMUKAHITE|HOTOTOGISU|NAKUOTOHARUKESHI|SATODOHOMIKAMO

ローマ字読み|小文字

nubatamano|tsukinimukahite|hototogisu|nakuotoharukeshi|satodohomikamo

左注|左註

右大伴宿祢家持作之

事項|分類・ジャンル

天平19年4月16日年紀|枕詞|動物|叙景

校異

能->乃【元】【類】|右【元】右一首

寛永版本

ぬばたまの,[寛]ぬはたまの,
つきにむかひて[寛],
ほととぎす,[寛]ほとときす,
なくおとはるけし[寛],
さとどほみかも,[寛]さととほみかも,

巻数

第17巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました