万葉集3615番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3615番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3615番について

歌番号

3615番

原文

和我由恵仁|妹奈氣久良之|風早能|宇良能於伎敝尓|奇里多奈妣家利

訓読

我がゆゑに妹嘆くらし風早の浦の沖辺に霧たなびけり

かな読み

わがゆゑに|いもなげくらし|かざはやの|うらのおきへに|きりたなびけり

カタカナ読み

ワガユヱニ|イモナゲクラシ|カザハヤノ|ウラノオキヘニ|キリタナビケリ

ローマ字読み|大文字

WAGAYUENI|IMONAGEKURASHI|KAZAHAYANO|URANOKIHENI|KIRITANABIKERI

ローマ字読み|小文字

wagayueni|imonagekurashi|kazahayano|uranokiheni|kiritanabikeri

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|広島|安芸津町|望郷|羈旅|叙景

校異

特に無し

寛永版本

わがゆゑに,[寛]わかゆゑに,
いもなげくらし,[寛]いもなけくらし,
かざはやの,[寛]かさはやの,
うらのおきへに[寛],
きりたなびけり,[寛]きりたなひけり,

巻数

第15巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました