万葉集3955番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3955番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3955番について

歌番号

3955番

原文

奴婆多麻乃|欲波布氣奴良之|多末久之氣|敷多我美夜麻尓|月加多夫伎奴

訓読

ぬばたまの夜は更けぬらし玉櫛笥二上山に月かたぶきぬ

かな読み

ぬばたまの|よはふけぬらし|たまくしげ|ふたがみやまに|つきかたぶきぬ

カタカナ読み

ヌバタマノ|ヨハフケヌラシ|タマクシゲ|フタガミヤマニ|ツキカタブキヌ

ローマ字読み|大文字

NUBATAMANO|YOHAFUKENURASHI|TAMAKUSHIGE|FUTAGAMIYAMANI|TSUKIKATABUKINU

ローマ字読み|小文字

nubatamano|yohafukenurashi|tamakushige|futagamiyamani|tsukikatabukinu

左注|左註

右一首史生土師宿祢道良

事項|分類・ジャンル

天平18年8月7日年紀|宴席|地名|高岡|富山|大伴家持|枕詞|終宴|叙景

校異

特に無し

寛永版本

ぬばたまの,[寛]ぬはたまの,
よはふけぬらし[寛],
たまくしげ,[寛]たまくしけ,
ふたがみやまに,[寛]ふたかみやまに,
つきかたぶきぬ,[寛]つきかたふきぬ,

巻数

第17巻

作者

土師道良

タイトルとURLをコピーしました