望郷

スポンサーリンク
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4461番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4461番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4461番について歌番号4461番原文保里江欲利|美乎左能保流|音乃|麻奈久曽奈良波|古非之可利家留訓読堀江より水脈さかのぼる楫の音の間なくぞ奈良は恋しかりけるかな読みほりえ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4423番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4423番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4423番について歌番号4423番原文安之我良乃|美佐可尓多志弖|蘇埿布良波|伊波奈流伊毛波|佐夜尓美毛可母訓読足柄の御坂に立して袖振らば家なる妹はさやに見もかもかな読みあし...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4427番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4427番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4427番について歌番号4427番原文伊波乃伊毛呂|和乎之乃布良之|麻由須比尓|由須比之比毛乃|登久良久毛倍婆訓読家の妹ろ我を偲ふらし真結ひに結ひし紐の解くらく思へばかな読み...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4431番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4431番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4431番について歌番号4431番原文佐左賀波乃|佐也久志毛用尓|奈々弁加流|去呂毛尓麻世流|古侶賀波太波毛訓読笹が葉のさやぐ霜夜に七重着る衣に増せる子ろが肌はもかな読みささ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4433番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4433番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4433番について歌番号4433番原文阿佐奈佐奈|安我流比婆理尓|奈里弖之可|美也古尓由伎弖|波夜加弊里許牟訓読朝な朝な上がるひばりになりてしか都に行きて早帰り来むかな読みあ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4435番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4435番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4435番について歌番号4435番原文布敷賣里之|波奈乃波自米尓|許之和礼夜|知里奈牟能知尓|美夜古敝由可無訓読ふふめりし花の初めに来し我れや散りなむ後に都へ行かむかな読みふ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4407番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4407番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4407番について歌番号4407番原文比奈久母理|宇須比乃佐可乎|古延志太尓|伊毛賀古比之久|和須良延奴加母訓読ひな曇り碓氷の坂を越えしだに妹が恋しく忘らえぬかもかな読みひな...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4408番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4408番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4408番について歌番号4408番原文大王乃|麻氣乃麻尓々々|嶋守尓|和我多知久礼婆|波々蘇婆能|波々能美許等波|美母乃須蘇|都美安氣可伎奈埿|知々能未乃|知々能美許等波|多...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4409番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4409番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4409番について歌番号4409番原文伊弊婢等乃|伊波倍尓可安良牟|多比良氣久|布奈埿波之奴等|於夜尓麻乎佐祢訓読家人の斎へにかあらむ平けく船出はしぬと親に申さねかな読みいへ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4410番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4410番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4410番について歌番号4410番原文美蘇良由久|々母々都可比等|比等波伊倍等|伊弊頭刀夜良武|多豆伎之良受母訓読み空行く雲も使と人は言へど家づと遣らむたづき知らずもかな読み...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4411番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4411番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4411番について歌番号4411番原文伊弊都刀尓|可比曽比里弊流|波麻奈美波|伊也久々々二|多可久与須礼騰訓読家づとに貝ぞ拾へる浜波はいやしくしくに高く寄すれどかな読みいへづ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4412番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4412番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4412番について歌番号4412番原文之麻可氣尓|和我布祢波弖氐|都氣也良牟|都可比乎奈美也|古非都々由加牟訓読島蔭に我が船泊てて告げ遣らむ使を無みや恋ひつつ行かむかな読みし...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4415番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4415番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4415番について歌番号4415番原文志良多麻乎|弖尓刀里母之弖|美流乃須母|伊弊奈流伊母乎|麻多美弖毛母也訓読白玉を手に取り持して見るのすも家なる妹をまた見てももやかな読み...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4419番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4419番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4419番について歌番号4419番原文伊波呂尓波|安之布多氣騰母|須美与氣乎|都久之尓伊多里弖|古布志氣毛波母訓読家ろには葦火焚けども住みよけを筑紫に至りて恋しけ思はもかな読...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4399番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4399番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4399番について歌番号4399番原文宇奈波良尓|霞多奈妣伎|多頭我祢乃|可奈之伎与比波|久尓之於毛保由訓読海原に霞たなびき鶴が音の悲しき宵は国辺し思ほゆかな読みうなはらに|...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4400番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4400番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4400番について歌番号4400番原文伊於毛負等|伊乎祢受乎礼婆|多頭我奈久|安之毛美要受|波流乃可須美尓訓読家思ふと寐を寝ず居れば鶴が鳴く葦辺も見えず春の霞にかな読みいへお...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4404番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4404番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4404番について歌番号4404番原文奈尓波治乎|由伎弖久麻弖等|和藝毛古賀|都氣之非毛我乎|多延尓氣流可母訓読難波道を行きて来までと我妹子が付けし紐が緒絶えにけるかもかな読...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4406番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4406番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4406番について歌番号4406番原文和我伊波呂尓|由加毛比等母我|久佐麻久良|多妣波久流之等|都氣夜良麻久母訓読我が家ろに行かも人もが草枕旅は苦しと告げ遣らまくもかな読みわ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4383番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4383番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4383番について歌番号4383番原文都乃久尓乃|宇美能奈伎佐尓|布奈餘曽比|多志埿毛等伎尓|阿母我米母我母訓読津の国の海の渚に船装ひ立し出も時に母が目もがもかな読みつのくに...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4386番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4386番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4386番について歌番号4386番原文和加々都乃|以都母等夜奈枳|以都母々々々|於母加古比須々|奈理麻之都之母訓読我が門の五本柳いつもいつも母が恋すす業りましつしもかな読みわ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4387番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4387番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4387番について歌番号4387番原文知波乃奴乃|古乃弖加之波能|保々麻例等|阿夜尓加奈之美|於枳弖他加枳奴訓読千葉の野の児手柏のほほまれどあやに愛しみ置きて誰が来ぬかな読み...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4392番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4392番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4392番について歌番号4392番原文阿米都之乃|以都例乃可美乎|以乃良波加|有都久之波々尓|麻多己等刀波牟訓読天地のいづれの神を祈らばか愛し母にまた言とはむかな読みあめつし...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4396番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4396番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4396番について歌番号4396番原文保理江欲利|安佐之保美知尓|与流許都美|可比尓安里世波|都刀尓勢麻之乎訓読堀江より朝潮満ちに寄る木屑貝にありせばつとにせましをかな読みほ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4397番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4397番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4397番について歌番号4397番原文見和多世波|牟加都乎能倍乃|波奈尓保比|弖里氐多弖流|波之伎多我都麻訓読見わたせば向つ峰の上の花にほひ照りて立てるは愛しき誰が妻かな読み...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4366番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4366番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4366番について歌番号4366番原文比多知散思|由可牟加里母我|阿我古比乎|志留志弖都祁弖|伊母尓志良世牟訓読常陸指し行かむ雁もが我が恋を記して付けて妹に知らせむかな読みひ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4367番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4367番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4367番について歌番号4367番原文阿我母弖能|和須例母之太波|都久波尼乎|布利佐氣美都々|伊母波之奴波尼訓読我が面の忘れもしだは筑波嶺を振り放け見つつ妹は偲はねかな読みあ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4369番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4369番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4369番について歌番号4369番原文都久波祢乃|佐由流能波奈能|由等許尓母|可奈之家伊母曽|比留毛可奈之祁訓読筑波嶺のさ百合の花の夜床にも愛しけ妹ぞ昼も愛しけかな読みつくは...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4371番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4371番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4371番について歌番号4371番原文多知波奈乃|之多布久可是乃|可具波志伎|都久波能夜麻乎|古比須安良米可毛訓読橘の下吹く風のかぐはしき筑波の山を恋ひずあらめかもかな読みた...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4375番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4375番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4375番について歌番号4375番原文麻都能氣乃|奈美多流美礼波|伊波妣等乃|和例乎美於久流等|多々理之母己呂訓読松の木の並みたる見れば家人の我れを見送ると立たりしもころかな...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4378番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4378番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4378番について歌番号4378番原文都久比夜波|須具波由氣等毛|阿母志々可|多麻乃須我多波|和須例西奈布母訓読月日やは過ぐは行けども母父が玉の姿は忘れせなふもかな読みつくひ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4363番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4363番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4363番について歌番号4363番原文奈尓波都尓|美布祢於呂須恵|夜蘇加奴伎|伊麻波許伎奴等|伊母尓都氣許曽訓読難波津に御船下ろ据ゑ八十楫貫き今は漕ぎぬと妹に告げこそかな読み...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4365番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4365番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4365番について歌番号4365番原文於之弖流夜|奈尓波能利|布奈与曽比|阿例波許藝奴等|伊母尓都岐許曽訓読押し照るや難波の津ゆり船装ひ我れは漕ぎぬと妹に告ぎこそかな読みおし...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4338番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4338番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4338番について歌番号4338番原文多々美氣米|牟良自加已蘇乃|波奈利蘇乃|波々乎波奈例弖|由久我加奈之佐訓読畳薦牟良自が礒の離磯の母を離れて行くが悲しさかな読みたたみけめ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4341番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4341番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4341番について歌番号4341番原文多知波奈能|美袁利乃佐刀尓|父乎於伎弖|道乃長道波|由伎加弖加毛訓読橘の美袁利の里に父を置きて道の長道は行きかてのかもかな読みたちばなの...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4345番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4345番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4345番について歌番号4345番原文和伎米故等|不多利和我見之|宇知江須流|々々河乃祢良波|苦不志久米阿流可訓読我妹子と二人我が見しうち寄する駿河の嶺らは恋しくめあるかかな...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4346番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4346番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4346番について歌番号4346番原文知々波々我|可之良加伎奈弖|佐久安|伊比之氣等是|和須礼加祢流訓読父母が頭掻き撫で幸くあれて言ひし言葉ぜ忘れかねつるかな読みちちははが|...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4351番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4351番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4351番について歌番号4351番原文多己呂母|夜倍伎可佐祢弖|伊努礼等母|奈保波太佐牟志|伊母尓阿良祢婆訓読旅衣八重着重ねて寐のれどもなほ肌寒し妹にしあらねばかな読みたびこ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4353番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4353番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4353番について歌番号4353番原文伊倍加是波|比尓々々布氣等|和伎母古賀|伊倍其登母遅弖|久流比等母奈之訓読家風は日に日に吹けど我妹子が家言持ちて来る人もなしかな読みいへ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4354番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4354番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4354番について歌番号4354番原文多知許毛乃|多知乃佐和伎尓|阿比美弖之|伊母加己々呂波|和須礼世奴可母訓読たちこもの立ちの騒きに相見てし妹が心は忘れせぬかもかな読みたち...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4325番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4325番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4325番について歌番号4325番原文知々波々母|波奈尓母我毛夜|久佐麻久良|多妣波由久等母|佐々己弖由加牟訓読父母も花にもがもや草枕旅は行くとも捧ごて行かむかな読みちちはは...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4326番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4326番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4326番について歌番号4326番原文父母我|等能々志利弊乃|母々余具佐|母々与伊弖麻勢|和我伎多流麻弖訓読父母が殿の後方のももよ草百代いでませ我が来るまでかな読みちちははが...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4327番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4327番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4327番について歌番号4327番原文和我都麻母|畫尓可伎等良無|伊豆麻母加|多由久阿礼|美都々志努波牟訓読我が妻も絵に描き取らむ暇もが旅行く我れは見つつ偲はむかな読みわがつ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4328番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4328番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4328番について歌番号4328番原文於保吉美能|美許等可之古美|伊蘇尓布理|宇乃波良和多流|知々波々乎於伎弖訓読大君の命畏み磯に触り海原渡る父母を置きてかな読みおほきみの|...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4213番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4213番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4213番について歌番号4213番原文安由乎疾|奈呉浦廻尓|与須流浪|伊夜千重之伎尓|戀可母訓読東風をいたみ奈呉の浦廻に寄する波いや千重しきに恋ひわたるかもかな読みあゆをいた...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4142番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4142番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4142番について歌番号4142番原文春日尓|張流柳乎|取持而|見者京之|大路所訓読春の日に張れる柳を取り持ちて見れば都の大道し思ほゆかな読みはるのひに|はれるやなぎを|とり...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4146番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4146番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4146番について歌番号4146番原文夜具多知尓|寐覺而居者|河瀬尋|情之尓|鳴知等理賀毛訓読夜ぐたちに寝覚めて居れば川瀬尋め心もしのに鳴く千鳥かもかな読みよぐたちに|ねざめ...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4141番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4141番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4141番について歌番号4141番原文春儲而|悲尓|三更而|羽振鳴志藝|誰田尓加須牟訓読春まけてもの悲しきにさ夜更けて羽振き鳴く鴫誰が田にか住むかな読みはるまけて|ものがなし...
万葉集|第18巻の和歌一覧

万葉集4065番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4065番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4065番について歌番号4065番原文安佐妣良伎|伊里江許具奈流|可治能於登乃|都波良都良尓|吾家之於母保由訓読朝開き入江漕ぐなる楫の音のつばらつばらに我家し思ほゆかな読みあ...
万葉集|第18巻の和歌一覧

万葉集4072番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4072番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4072番について歌番号4072番原文奴多麻能|欲和多流都奇乎|伊久欲布等|余美都追伊毛波|和礼麻都良牟曽訓読ぬばたまの夜渡る月を幾夜経と数みつつ妹は我れ待つらむぞかな読みぬ...
万葉集|第18巻の和歌一覧

万葉集4048番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4048番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4048番について歌番号4048番原文多流比女能|宇良乎許具不祢|可治末尓母|奈良野和藝乎|和須礼氐於毛倍也訓読垂姫の浦を漕ぐ舟梶間にも奈良の我家を忘れて思へやかな読みたるひ...
タイトルとURLをコピーしました