哀悼

スポンサーリンク
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4477番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4477番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4477番について歌番号4477番原文由布義尓|知杼里乃奈吉志|佐保治乎婆|安良之也之弖牟|美流与之乎奈美訓読夕霧に千鳥の鳴きし佐保路をば荒しやしてむ見るよしをなみかな読みゆ...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4214番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4214番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4214番について歌番号4214番原文天地之|初時従|宇都曽美能|八十伴男者|大王尓|麻都呂布物跡|定有|官尓之在者|天皇之|命恐|夷放|國乎治等|足日木|山河阻|風雲尓|言...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4215番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4215番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4215番について歌番号4215番原文遠音毛|君之痛念跡|聞都礼婆|哭耳所泣|相念吾者訓読遠音にも君が嘆くと聞きつれば哭のみし泣かゆ相思ふ我れはかな読みとほとにも|きみがなげ...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4216番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4216番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4216番について歌番号4216番原文世間之|常事者|知良牟乎|情盡莫|大夫尓之氐訓読世間の常なきことは知るらむを心尽くすな大夫にしてかな読みよのなかの|つねなきことは|しる...
万葉集|第17巻の和歌一覧

万葉集3957番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3957番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3957番について歌番号3957番原文安麻射加流|比奈乎佐米尓等|大王能|麻氣乃麻尓末尓|出而許之|和礼乎於久流登|青丹余之|奈良夜麻須疑氐|泉河|伎欲吉可波良尓|馬駐|和可...
万葉集|第17巻の和歌一覧

万葉集3958番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3958番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3958番について歌番号3958番原文麻佐吉久登|伊比氐之物能乎|白雲尓|多知多奈妣久登|伎氣婆可奈思物訓読ま幸くと言ひてしものを白雲に立ちたなびくと聞けば悲しもかな読みまさ...
万葉集|第17巻の和歌一覧

万葉集3959番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3959番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3959番について歌番号3959番原文可加良牟等|可祢弖思理世婆|古之能宇美乃|安里蘇乃奈美母|見世麻之物乎訓読かからむとかねて知りせば越の海の荒礒の波も見せましものをかな読...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3695番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3695番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3695番について歌番号3695番原文牟可之欲里|伊比流許等乃|可良久尓能|可良久毛己許尓|和可礼須留可聞訓読昔より言ひけることの韓国のからくもここに別れするかもかな読みむか...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3696番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3696番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3696番について歌番号3696番原文新羅奇敝可|伊敝尓可加反流|由吉能之麻|由加牟多登伎毛|於毛比可祢都母訓読新羅へか家にか帰る壱岐の島行かむたどきも思ひかねつもかな読みし...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3691番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3691番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3691番について歌番号3691番原文天地等|登毛尓母我毛等|於毛比都々|安里家牟毛能乎|波之家也思|伊敝乎波奈礼弖|奈美能宇倍由|奈豆佐比伎尓弖|安良多麻能|月日毛伎倍奴|...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3692番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3692番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3692番について歌番号3692番原文波之家也思|都麻毛古杼毛母|多可多加尓|麻都良牟伎美也|之麻我久礼奴流訓読はしけやし妻も子どもも高々に待つらむ君や島隠れぬるかな読みはし...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3693番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3693番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3693番について歌番号3693番原文毛美知葉能|知里奈牟山尓|夜杼里奴流|君乎麻都良牟|比等之可奈之母訓読黄葉の散りなむ山に宿りぬる君を待つらむ人し悲しもかな読みもみちばの...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3694番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3694番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3694番について歌番号3694番原文和多都美能|之故伎美知乎|也須家口母|奈久奈夜美伎弖|伊麻太尓母|毛奈久由可牟登|由吉能安末能|保都手乃宇良敝乎|可多夜伎弖|由加武須流...
万葉集|第9巻の和歌一覧

万葉集1804番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1804番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1804番について歌番号1804番原文父母賀|成乃任尓|箸向|弟乃命者|朝露乃|銷易杵壽|神之共|荒競不勝而|葦原乃|水穂之國尓|家無哉|又還不来|遠津國|黄...
万葉集|第9巻の和歌一覧

万葉集1805番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1805番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1805番について歌番号1805番原文別而裳|復毛可遭|所念者|心乱|吾戀目八方|訓読別れてもまたも逢ふべく思ほえば心乱れて我れ恋ひめやも|かな読みわかれても...
万葉集|第9巻の和歌一覧

万葉集1806番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1806番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1806番について歌番号1806番原文蘆桧木笶|荒山中尓|送置而|還良布見者|情苦喪訓読あしひきの荒山中に送り置きて帰らふ見れば心苦しもかな読みあしひきの|あ...
万葉集|第7巻の和歌一覧

万葉集1268番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1268番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1268番について歌番号1268番原文兒等手乎|巻向山者|常在常|過徃人尓|徃巻目八方訓読子らが手を巻向山は常にあれど過ぎにし人に行きまかめやもかな読みこらが...
万葉集|第7巻の和歌一覧

万葉集1269番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1269番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1269番について歌番号1269番原文巻向之|山邊響而|徃水之|三名沫如|世人吾等者訓読巻向の山辺響みて行く水の水沫のごとし世の人我れはかな読みまきむくの|や...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集885番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集885番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集885番について歌番号885番原文朝露乃|既夜須伎我身|比等國尓|須疑加弖奴可母|意夜能目遠保利訓読朝露の消やすき我が身他国に過ぎかてぬかも親の目を欲りかな読み...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集886番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集886番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集886番について歌番号886番原文宇知比佐受|宮弊能保留等|多羅知斯夜|波々何手波奈例|常斯良奴|國乃意久迦袁|百重山|越弖須由伎|伊都斯可母|京師乎美武等|意...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集887番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集887番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集887番について歌番号887番原文多良知子能|波々何目美受提|意保々斯久|伊豆知武伎提可|阿我和可留良武訓読たらちしの母が目見ずておほほしくいづち向きてか我が別...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集888番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集888番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集888番について歌番号888番原文都祢斯良農|道乃長手袁|久礼々々等|伊可尓可由迦牟|可利弖波奈斯尓|訓読常知らぬ道の長手をくれくれといかにか行かむ糧はなしに|...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集889番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集889番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集889番について歌番号889番原文家尓阿利弖|波々何刀利美婆|奈具佐牟流|許々呂波阿良麻志|斯奈婆斯農等母|訓読家にありて母がとり見ば慰むる心はあらまし死なば死...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集890番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集890番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集890番について歌番号890番原文出弖由伎斯|日乎可俗閇都々|家布々々等|阿袁麻多周良武|知々波々良波母|訓読出でて行きし日を数へつつ今日今日と我を待たすらむ父...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集891番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集891番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集891番について歌番号891番原文一世尓波|二遍美延農|知々波々袁|意伎弖夜奈何久|阿我和加礼南|訓読一世にはふたたび見えぬ父母を置きてや長く我が別れなむ|かな...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集884番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集884番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集884番について歌番号884番原文國遠伎|路乃長手遠|意保々斯久|計布夜須疑南|己等騰比母奈久訓読国遠き道の長手をおほほしく今日や過ぎなむ言どひもなくかな読みく...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集793番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集793番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集793番について歌番号793番原文余能奈可波|牟奈之伎母乃等|志流等伎子|伊与余麻須万須|加奈之可利家理訓読世間は空しきものと知る時しいよよますます悲しかりけり...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集794番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集794番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集794番について歌番号794番原文大王能|等保乃朝廷等|斯良農比|筑紫國尓|泣子那須|斯多比枳摩斯提|伊企陀母|伊摩陀夜周米受|年月母|伊摩他阿良祢婆|許々呂由...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集795番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集795番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集795番について歌番号795番原文伊弊尓由伎弖|伊可尓可阿我世武|摩久良豆久|都摩夜左夫斯久|於母保由倍斯母訓読家に行きていかにか我がせむ枕付く妻屋寂しく思ほゆ...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集796番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集796番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集796番について歌番号796番原文伴之伎与之|加久乃未可良尓|之多比己之|伊毛我己許呂乃|須別毛須別那左訓読はしきよしかくのみからに慕ひ来し妹が心のすべもすべな...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集797番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集797番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集797番について歌番号797番原文久夜斯可母|可久斯良摩世婆|阿乎尓与斯|久奴知許等其等|美世摩斯母乃乎訓読悔しかもかく知らませばあをによし国内ことごと見せまし...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集798番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集798番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集798番について歌番号798番原文伊毛何美斯|阿布知乃波那波|知利奴倍斯|和何那久那美多|伊摩陀飛那久尓訓読妹が見し楝の花は散りぬべし我が泣く涙いまだ干なくにか...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集799番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集799番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集799番について歌番号799番原文大野山|紀利多知多流|和何那宜久|於伎蘇乃可是尓|紀利多知和多流訓読大野山霧立ちわたる我が嘆くおきその風に霧立ちわたるかな読み...
万葉集|第3巻の和歌一覧

万葉集421番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集421番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集421番について歌番号421番原文逆言之|狂言等可聞|高山之|石穂乃上尓|君之臥有訓読およづれのたはこととかも高山の巌の上に君が臥やせるかな読みおよづれの|たは...
万葉集|第3巻の和歌一覧

万葉集422番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集422番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集422番について歌番号422番原文石上|振乃山有|杉村乃|思過倍吉|君尓有名國訓読石上布留の山なる杉群の思ひ過ぐべき君にあらなくにかな読みいそのかみ|ふるのやま...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集163番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集163番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集163番について歌番号163番原文神風|伊勢能國尓|有益乎|奈何可来計武|君毛不有尓訓読神風の伊勢の国にもあらましを何しか来けむ君もあらなくにかな読みかむかぜの...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集164番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集164番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集164番について歌番号164番原文欲見|吾為君毛|不有尓|奈何可来計武|馬疲尓訓読見まく欲り我がする君もあらなくに何しか来けむ馬疲るるにかな読みみまくほり|わが...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集165番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集165番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集165番について歌番号165番原文宇都曽見乃|人尓有吾哉|従明日者|二上山乎|弟世登吾将見訓読うつそみの人にある我れや明日よりは二上山を弟背と我が見むかな読みう...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集166番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集166番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集166番について歌番号166番原文礒之於尓|生流馬酔木|手折目杼|令視倍吉君之|在常不言尓訓読磯の上に生ふる馬酔木を手折らめど見すべき君が在りと言はなくにかな読...
タイトルとURLをコピーしました