万葉集3696番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3696番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3696番について

歌番号

3696番

原文

新羅奇敝可|伊敝尓可加反流|由吉能之麻|由加牟多登伎毛|於毛比可祢都母

訓読

新羅へか家にか帰る壱岐の島行かむたどきも思ひかねつも

かな読み

しらきへか|いへにかかへる|ゆきのしま|ゆかむたどきも|おもひかねつも

カタカナ読み

シラキヘカ|イヘニカカヘル|ユキノシマ|ユカムタドキモ|オモヒカネツモ

ローマ字読み|大文字

SHIRAKIHEKA|IHENIKAKAHERU|YUKINOSHIMA|YUKAMUTADOKIMO|OMOHIKANETSUMO

ローマ字読み|小文字

shirakiheka|ihenikakaheru|yukinoshima|yukamutadokimo|omohikanetsumo

左注|左註

右三首六鯖作挽歌

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|羈旅|挽歌|哀悼|雪宅麻呂|地名|壱岐|長崎

校異

特に無し

寛永版本

しらきへか[寛],
いへにかかへる[寛],
ゆきのしま[寛],
ゆかむたどきも,[寛]ゆかむたときも,
おもひかねつも[寛],

巻数

第15巻

作者

六人部鯖麻呂

タイトルとURLをコピーしました