万葉集4215番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4215番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4215番について

歌番号

4215番

原文

遠音毛|君之痛念跡|聞都礼婆|哭耳所泣|相念吾者

訓読

遠音にも君が嘆くと聞きつれば哭のみし泣かゆ相思ふ我れは

かな読み

とほとにも|きみがなげくと|ききつれば|ねのみしなかゆ|あひおもふわれは

カタカナ読み

トホトニモ|キミガナゲクト|キキツレバ|ネノミシナカユ|アヒオモフワレハ

ローマ字読み|大文字

TOHOTONIMO|KIMIGANAGEKUTO|KIKITSUREBA|NENOMISHINAKAYU|AHIOMOFUWAREHA

ローマ字読み|小文字

tohotonimo|kimiganagekuto|kikitsureba|nenomishinakayu|ahiomofuwareha

左注|左註

右大伴宿祢家持弔聟南右大臣家藤原二郎之喪慈母患也|五月廿七日

事項|分類・ジャンル

天平勝宝2年5月27日年紀|挽歌|悲別|哀悼|藤原久須麻呂母|贈答|高岡|富山

校異

特に無し

寛永版本

とほとにも,[寛]とほおとにも,
きみがなげくと,[寛]きみかなけくと,
ききつれば,[寛]ききつれは,
ねのみしなかゆ,[寛]ねにのみとかる,
あひおもふわれは[寛],

巻数

第19巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました