万葉集421番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集421番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集421番について

歌番号

421番

原文

逆言之|狂言等可聞|高山之|石穂乃上尓|君之臥有

訓読

およづれのたはこととかも高山の巌の上に君が臥やせる

かな読み

およづれの|たはこととかも|たかやまの|いはほのうへに|きみがこやせる

カタカナ読み

オヨヅレノ|タハコトトカモ|タカヤマノ|イハホノウヘニ|キミガコヤセル

ローマ字読み|大文字

OYOZURENO|TAHAKOTOTOKAMO|TAKAYAMANO|IHAHONOHENI|KIMIGAKOYASERU

ローマ字読み|小文字

oyozureno|tahakototokamo|takayamano|ihahonoheni|kimigakoyaseru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

挽歌|石田王|哀悼|悲嘆

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

およづれの,[寛]さかことの,
たはこととかも,[寛]まかこととかも,
たかやまの[寛],
いはほのうへに[寛],
きみがこやせる,[寛]きみかふしたる,

巻数

第3巻

作者

丹生王

タイトルとURLをコピーしました