万葉集1269番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1269番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1269番について

歌番号

1269番

原文

巻向之|山邊響而|徃水之|三名沫如|世人吾等者

訓読

巻向の山辺響みて行く水の水沫のごとし世の人我れは

かな読み

まきむくの|やまへとよみて|ゆくみづの|みなわのごとし|よのひとわれは

カタカナ読み

マキムクノ|ヤマヘトヨミテ|ユクミヅノ|ミナワノゴトシ|ヨノヒトワレハ

ローマ字読み|大文字

MAKIMUKUNO|YAMAHETOYOMITE|YUKUMIZUNO|MINAWANOGOTOSHI|YONOHITOWAREHA

ローマ字読み|小文字

makimukuno|yamahetoyomite|yukumizuno|minawanogotoshi|yonohitowareha

左注|左註

右二首柿本朝臣人麻呂<之>歌集出

事項|分類・ジャンル

雑歌|奈良|哀悼|無常|非略体|地名

校異

->之【元】【紀】【温】|歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

まきむくの,[寛]まきもむの,
やまへとよみて,[寛]やまへひひきて,
ゆくみづの,[寛]ゆくみつの,
みなわのごとし,[寛]みなはのことし,
よのひとわれは[寛],

巻数

第7巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました