万葉集4216番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4216番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4216番について

歌番号

4216番

原文

世間之|<无>常事者|知良牟乎|情盡莫|大夫尓之氐

訓読

世間の常なきことは知るらむを心尽くすな大夫にして

かな読み

よのなかの|つねなきことは|しるらむを|こころつくすな|ますらをにして

カタカナ読み

ヨノナカノ|ツネナキコトハ|シルラムヲ|ココロツクスナ|マスラヲニシテ

ローマ字読み|大文字

YONONAKANO|TSUNENAKIKOTOHA|SHIRURAMUO|KOKOROTSUKUSUNA|MASURAONISHITE

ローマ字読み|小文字

yononakano|tsunenakikotoha|shiruramuo|kokorotsukusuna|masuraonishite

左注|左註

右大伴宿祢家持弔聟南右大臣家藤原二郎之喪慈母患也|五月廿七日

事項|分類・ジャンル

天平勝宝2年5月27日年紀|挽歌|悲別|哀悼|藤原久須麻呂母|贈答|高岡|富山

校異

無->无【元】【類】

寛永版本

よのなかの[寛],
つねなきことは[寛],
しるらむを[寛],
こころつくすな[寛],
ますらをにして[寛],

巻数

第19巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました