万葉集422番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集422番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集422番について

歌番号

422番

原文

石上|振乃山有|杉村乃|思過倍吉|君尓有名國

訓読

石上布留の山なる杉群の思ひ過ぐべき君にあらなくに

かな読み

いそのかみ|ふるのやまなる|すぎむらの|おもひすぐべき|きみにあらなくに

カタカナ読み

イソノカミ|フルノヤマナル|スギムラノ|オモヒスグベキ|キミニアラナクニ

ローマ字読み|大文字

ISONOKAMI|FURUNOYAMANARU|SUGIMURANO|OMOHISUGUBEKI|KIMINIARANAKUNI

ローマ字読み|小文字

isonokami|furunoyamanaru|sugimurano|omohisugubeki|kiminiaranakuni

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

挽歌|石田王|枕詞|哀悼|悲嘆|悲別

校異

特に無し

寛永版本

いそのかみ[寛],
ふるのやまなる[寛],
すぎむらの,[寛]すきむらの,
おもひすぐべき,[寛]おもひすくへき,
きみにあらなくに[寛],

巻数

第3巻

作者

丹生王

タイトルとURLをコピーしました