万葉集3695番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3695番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3695番について

歌番号

3695番

原文

牟可之欲里|伊比<祁>流許等乃|可良久尓能|可良久毛己許尓|和可礼須留可聞

訓読

昔より言ひけることの韓国のからくもここに別れするかも

かな読み

むかしより|いひけることの|からくにの|からくもここに|わかれするかも

カタカナ読み

ムカシヨリ|イヒケルコトノ|カラクニノ|カラクモココニ|ワカレスルカモ

ローマ字読み|大文字

MUKASHIYORI|IHIKERUKOTONO|KARAKUNINO|KARAKUMOKOKONI|WAKARESURUKAMO

ローマ字読み|小文字

mukashiyori|ihikerukotono|karakunino|karakumokokoni|wakaresurukamo

左注|左註

右三首六鯖作挽歌

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|羈旅|挽歌|哀悼|雪宅麻呂|地名|序詞|壱岐|長崎

校異

都->祁【類】【紀】

寛永版本

むかしより[寛],
いひけることの[寛],
からくにの[寛],
からくもここに[寛],
わかれするかも[寛],

巻数

第15巻

作者

六人部鯖麻呂

タイトルとURLをコピーしました