万葉集4477番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4477番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4477番について

歌番号

4477番

原文

由布義<理>尓|知杼里乃奈吉志|佐保治乎婆|安良之也之弖牟|美流与之乎奈美

訓読

夕霧に千鳥の鳴きし佐保路をば荒しやしてむ見るよしをなみ

かな読み

ゆふぎりに|ちどりのなきし|さほぢをば|あらしやしてむ|みるよしをなみ

カタカナ読み

ユフギリニ|チドリノナキシ|サホヂヲバ|アラシヤシテム|ミルヨシヲナミ

ローマ字読み|大文字

YUFUGIRINI|CHIDORINONAKISHI|SAHOJIOBA|ARASHIYASHITEMU|MIRUYOSHIONAMI

ローマ字読み|小文字

yufugirini|chidorinonakishi|sahojioba|arashiyashitemu|miruyoshionami

左注|左註

右件四首傳讀兵部大丞大原今城

事項|分類・ジャンル

挽歌|悲別|哀悼|動物|地名|奈良|智努女王|伝誦|古歌|大原今城#[訓異]

校異

利->理【元】【類】【紀】

寛永版本

ゆふぎりに,[寛]ゆふきりに,
ちどりのなきし,[寛]ちとりのなきし,
さほぢをば,[寛]さほちをは,
あらしやしてむ[寛],
みるよしをなみ[寛],

巻数

第20巻

作者

圓方女王

タイトルとURLをコピーしました