万葉集1805番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1805番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1805番について

歌番号

1805番

原文

別而裳|復毛可遭|所念者|心乱|吾戀目八方|[一云|意盡而]

訓読

別れてもまたも逢ふべく思ほえば心乱れて我れ恋ひめやも|[一云|心尽して]

かな読み

わかれても|またもあふべく|おもほえば|こころみだれて|あれこひめやも|[こころつくして]

カタカナ読み

ワカレテモ|マタモアフベク|オモホエバ|ココロミダレテ|アレコヒメヤモ|[ココロツクシテ]

ローマ字読み|大文字

WAKARETEMO|MATAMOAFUBEKU|OMOHOEBA|KOKOROMIDARETE|AREKOHIMEYAMO|[KOKOROTSUKUSHITE]

ローマ字読み|小文字

wakaretemo|matamoafubeku|omohoeba|kokoromidarete|arekohimeyamo|[kokorotsukushite]

左注|左註

右七首田邊福麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

挽歌|哀悼|悲嘆

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

わかれても[寛],
またもあふべく,[寛]またもあふへく,
おもほえば,[寛]おもほへは,
こころみだれて,[寛]こころみたれて,
あれこひめやも,[寛]われこひめやも,
[こころつくして],[寛]こころつきて,

巻数

第9巻

作者

田辺福麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました