万葉集1806番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1806番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1806番について

歌番号

1806番

原文

蘆桧木笶|荒山中尓|送置而|還良布見者|情苦喪

訓読

あしひきの荒山中に送り置きて帰らふ見れば心苦しも

かな読み

あしひきの|あらやまなかに|おくりおきて|かへらふみれば|こころぐるしも

カタカナ読み

アシヒキノ|アラヤマナカニ|オクリオキテ|カヘラフミレバ|ココログルシモ

ローマ字読み|大文字

ASHIHIKINO|ARAYAMANAKANI|OKURIOKITE|KAHERAFUMIREBA|KOKOROGURUSHIMO

ローマ字読み|小文字

ashihikino|arayamanakani|okuriokite|kaherafumireba|kokorogurushimo

左注|左註

右七首田邊福麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

挽歌|哀悼|悲嘆|枕詞

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

あしひきの[寛],
あらやまなかに[寛],
おくりおきて[寛],
かへらふみれば,[寛]かへらふみれは,
こころぐるしも,[寛]こころくるしも,

巻数

第9巻

作者

田辺福麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました