万葉集3693番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3693番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3693番について

歌番号

3693番

原文

毛美知葉能|知里奈牟山尓|夜杼里奴流|君乎麻都良牟|比等之可奈之母

訓読

黄葉の散りなむ山に宿りぬる君を待つらむ人し悲しも

かな読み

もみちばの|ちりなむやまに|やどりぬる|きみをまつらむ|ひとしかなしも

カタカナ読み

モミチバノ|チリナムヤマニ|ヤドリヌル|キミヲマツラム|ヒトシカナシモ

ローマ字読み|大文字

MOMICHIBANO|CHIRINAMUYAMANI|YADORINURU|KIMIOMATSURAMU|HITOSHIKANASHIMO

ローマ字読み|小文字

momichibano|chirinamuyamani|yadorinuru|kimiomatsuramu|hitoshikanashimo

左注|左註

右三首葛井連子老作挽歌

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|羈旅|挽歌|雪宅麻呂|枕詞|哀悼|壱岐|長崎

校異

之【類】【細】思

寛永版本

もみちばの,[寛]もみちはの,
ちりなむやまに[寛],
やどりぬる,[寛]やとりぬる,
きみをまつらむ[寛],
ひとしかなしも,[寛]ひとのかなしも,

巻数

第15巻

作者

葛井子老

タイトルとURLをコピーしました