遊行女婦

スポンサーリンク
万葉集|第17巻の和歌一覧

万葉集3897番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3897番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3897番について歌番号3897番原文大海乃|於久可母之良受|由久和礼乎|何時伎麻佐武等|問之兒波母訓読大海の奥かも知らず行く我れをいつ来まさむと問ひし子らはもかな読みおほう...
万葉集|第17巻の和歌一覧

万葉集3898番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3898番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3898番について歌番号3898番原文大船乃|宇倍尓之居婆|安麻久毛乃|多度伎毛思良受|歌乞和我世訓読大船の上にし居れば天雲のたどきも知らず歌ひこそ我が背かな読みおほぶねの|...
万葉集|第16巻の和歌一覧

万葉集3873番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3873番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3873番について歌番号3873番原文吾門尓|千鳥數鳴|起余々々|我一夜妻|人尓所知名訓読我が門に千鳥しば鳴く起きよ起きよ我が一夜夫人に知らゆなかな読みわがかどに|ちとりしば...
万葉集|第16巻の和歌一覧

万葉集3819番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3819番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3819番について歌番号3819番原文暮立之|雨打零者|春日野之|草花之末乃|白露於母保遊訓読夕立の雨うち降れば春日野の尾花が末の白露思ほゆかな読みゆふだちの|あめうちふれば...
万葉集|第16巻の和歌一覧

万葉集3820番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3820番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3820番について歌番号3820番原文夕附日|指哉河邊尓|構屋之|形乎宜美|諾所因来訓読夕づく日さすや川辺に作る屋の形をよろしみうべ寄そりけりかな読みゆふづくひ|さすやかはへ...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3705番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3705番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3705番について歌番号3705番原文多可思吉能|多麻毛奈可之|己R奈牟|君我美布祢乎|伊都等可麻多牟訓読竹敷の玉藻靡かし漕ぎ出なむ君がみ船をいつとか待たむかな読みたかしきの...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3704番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3704番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3704番について歌番号3704番原文毛美知婆能|知良布山邊由|許具布祢能|尓保比尓米R弖|伊R弖伎尓家里訓読黄葉の散らふ山辺ゆ漕ぐ船のにほひにめでて出でて来にけりかな読みも...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3682番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3682番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3682番について歌番号3682番原文安米都知能|可未乎許比都々|安礼麻多武|波夜伎万世伎美|麻多婆久流思母訓読天地の神を祈ひつつ我れ待たむ早来ませ君待たば苦しもかな読みあめ...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3558番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3558番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3558番について歌番号3558番原文安波受之弖|由加婆乎思家牟|麻久良我能|許賀己具布祢尓|伎美毛安波奴可毛訓読逢はずして行かば惜しけむ麻久良我の許我漕ぐ船に君も逢はぬかも...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3446番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3446番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3446番について歌番号3446番原文伊毛奈呂我|都可布河泊豆乃|佐|安志等比其等|加多理与良斯毛訓読妹なろが使ふ川津のささら荻葦と人言語りよらしもかな読みいもなろが|つかふ...
タイトルとURLをコピーしました