万葉集3682番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3682番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3682番について

歌番号

3682番

原文

安米都知能|可未乎許比都々|安礼麻多武|波夜伎万世伎美|麻多婆久流思母

訓読

天地の神を祈ひつつ我れ待たむ早来ませ君待たば苦しも

かな読み

あめつちの|かみをこひつつ|あれまたむ|はやきませきみ|またばくるしも

カタカナ読み

アメツチノ|カミヲコヒツツ|アレマタム|ハヤキマセキミ|マタバクルシモ

ローマ字読み|大文字

AMETSUCHINO|KAMIOKOHITSUTSU|AREMATAMU|HAYAKIMASEKIMI|MATABAKURUSHIMO

ローマ字読み|小文字

ametsuchino|kamiokohitsutsu|arematamu|hayakimasekimi|matabakurushimo

左注|左註

右一首娘子

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|羈旅|佐賀県|唐津市|神集島|遊行女婦|宴席|女歌

校異

特に無し

寛永版本

あめつちの[寛],
かみをこひつつ[寛],
あれまたむ[寛],
はやきませきみ[寛],
またばくるしも,[寛]またはくるしも,

巻数

第15巻

作者

娘子

タイトルとURLをコピーしました