万葉集3705番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3705番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3705番について

歌番号

3705番

原文

多可思吉能|多麻毛奈<婢>可之|己<藝>R奈牟|君我美布祢乎|伊都等可麻多牟

訓読

竹敷の玉藻靡かし漕ぎ出なむ君がみ船をいつとか待たむ

かな読み

たかしきの|たまもなびかし|こぎでなむ|きみがみふねを|いつとかまたむ

カタカナ読み

タカシキノ|タマモナビカシ|コギデナム|キミガミフネヲ|イツトカマタム

ローマ字読み|大文字

TAKASHIKINO|TAMAMONABIKASHI|KOGIDENAMU|KIMIGAMIFUNEO|ITSUTOKAMATAMU

ローマ字読み|小文字

takashikino|tamamonabikashi|kogidenamu|kimigamifuneo|itsutokamatamu

左注|左註

右二首對馬娘子名玉槻

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|羈旅|長崎|対馬|地名|遊行女婦|女歌

校異

比->婢【類】【紀】【細】|伎->藝【類】【紀】【細】

寛永版本

たかしきの[寛],
たまもなびかし,[寛]たまもなひかし,
こぎでなむ,[寛]こきてなむ,
きみがみふねを,[寛]きみかみふねを,
いつとかまたむ[寛],

巻数

第15巻

作者

玉槻

タイトルとURLをコピーしました