万葉集3446番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3446番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3446番について

歌番号

3446番

原文

伊毛奈呂我|都可布河泊豆乃|佐<左良乎疑>|安志等比<登>其等|加多理与良斯毛

訓読

妹なろが使ふ川津のささら荻葦と人言語りよらしも

かな読み

いもなろが|つかふかはづの|ささらをぎ|あしとひとごと|かたりよらしも

カタカナ読み

イモナロガ|ツカフカハヅノ|ササラヲギ|アシトヒトゴト|カタリヨラシモ

ローマ字読み|大文字

IMONAROGA|TSUKAFUKAHAZUNO|SASARAOGI|ASHITOHITOGOTO|KATARIYORASHIMO

ローマ字読み|小文字

imonaroga|tsukafukahazuno|sasaraogi|ashitohitogoto|katariyorashimo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|雑歌|植物|尫柜蹋|譬喩|恋愛|遊行女婦

校異

泊【元】【紀】伯|左良乎疑【西(上書訂正)】【元】【類】【紀】|等->登【元】【類】【紀】

寛永版本

いもなろが,[寛]いもなろか,
つかふかはづの,[寛]つかふかはつの,
ささらをぎ,[寛]ささらをき,
あしとひとごと,[寛]あしとひとこと,
かたりよらしも[寛],

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました