万葉集3207番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3207番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3207番について

歌番号

3207番

原文

荒玉乃|年緒永|照月|不猒君八|明日別南

訓読

あらたまの年の緒長く照る月の飽かざる君や明日別れなむ

かな読み

あらたまの|としのをながく|てるつきの|あかざるきみや|あすわかれなむ

カタカナ読み

アラタマノ|トシノヲナガク|テルツキノ|アカザルキミヤ|アスワカレナム

ローマ字読み|大文字

ARATAMANO|TOSHINONAGAKU|TERUTSUKINO|AKAZARUKIMIYA|ASUWAKARENAMU

ローマ字読み|小文字

aratamano|toshinonagaku|terutsukino|akazarukimiya|asuwakarenamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

序詞|枕詞|女歌|別離|遊行女婦|羈旅

校異

特に無し

寛永版本

あらたまの[寛],
としのをながく,[寛]としのをなかく,
てるつきの[寛],
あかざるきみや,[寛]あかれぬきみや,
あすわかれなむ[寛],

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました