万葉集965番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集965番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集965番について

歌番号

965番

原文

凡有者|左毛右毛将為乎|恐跡|振痛袖乎|忍而有香聞

訓読

おほならばかもかもせむを畏みと振りたき袖を忍びてあるかも

かな読み

おほならば|かもかもせむを|かしこみと|ふりたきそでを|しのびてあるかも

カタカナ読み

オホナラバ|カモカモセムヲ|カシコミト|フリタキソデヲ|シノビテアルカモ

ローマ字読み|大文字

OHONARABA|KAMOKAMOSEMUO|KASHIKOMITO|FURITAKISODEO|SHINOBITEARUKAMO

ローマ字読み|小文字

ohonaraba|kamokamosemuo|kashikomito|furitakisodeo|shinobitearukamo

左注|左註

右大宰帥<大>伴卿兼任大納言向京上道|此日馬駐水城顧望府家|于時送卿府吏之中有遊行女婦|其字曰兒嶋也|於是娘子傷此易別嘆彼難會|拭涕自吟振袖之歌

事項|分類・ジャンル

雑歌|遊行女婦|太宰府|大伴旅人|別離|恋情|福岡|天平2年12月年紀|地名|餞別|宴席

校異

太->大【元】【類】【紀】|->時【元】【類】【紀】|歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

おほならば,[寛]おほならは,
かもかもせむを,[寛]さもtもせむを,
かしこみと,[寛]かしこしと,
ふりたきそでを,[寛]ふりたきそてを,
しのびてあるかも,[寛]しのひてあるかも,

巻数

第6巻

作者

児島

タイトルとURLをコピーしました