万葉集3216番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3216番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3216番について

歌番号

3216番

原文

草枕|羈行君乎|荒津左右|送来|<飽>不足社

訓読

草枕旅行く君を荒津まで送りぞ来ぬる飽き足らねこそ

かな読み

くさまくら|たびゆくきみを|あらつまで|おくりぞきぬる|あきだらねこそ

カタカナ読み

クサマクラ|タビユクキミヲ|アラツマデ|オクリゾキヌル|アキダラネコソ

ローマ字読み|大文字

KUSAMAKURA|TABIYUKUKIMIO|ARATSUMADE|OKURIZOKINURU|AKIDARANEKOSO

ローマ字読み|小文字

kusamakura|tabiyukukimio|aratsumade|okurizokinuru|akidaranekoso

左注|左註

右二首

事項|分類・ジャンル

地名|福岡|枕詞|送別|恋情|惜別|女歌|遊行女婦

校異

飽【西(上書訂正)】【元】【類】【紀】

寛永版本

くさまくら[寛],
たびゆくきみを,[寛]たひゆくきみを,
あらつまで,[寛]あらつまて,
おくりぞきぬる,[寛]おくりくるとも,
あきだらねこそ,[寛]あきたらすこそ,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました