万葉集3158番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3158番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3158番について

歌番号

3158番

原文

客尓有而|物乎曽念|白浪乃|邊毛奥毛|依者無尓

訓読

旅にありてものをぞ思ふ白波の辺にも沖にも寄るとはなしに

かな読み

たびにありて|ものをぞおもふ|しらなみの|へにもおきにも|よるとはなしに

カタカナ読み

タビニアリテ|モノヲゾオモフ|シラナミノ|ヘニモオキニモ|ヨルトハナシニ

ローマ字読み|大文字

TABINIARITE|MONOZOMOFU|SHIRANAMINO|HENIMOKINIMO|YORUTOHANASHINI

ローマ字読み|小文字

tabiniarite|monozomofu|shiranamino|henimokinimo|yorutohanashini

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

羈旅|遊行女婦|鬱屈|恋情

校異

特に無し

寛永版本

たびにありて,[寛]たひにありて,
ものをぞおもふ,[寛]ものをそおもふ,
しらなみの[寛],
へにもおきにも[寛],
よるとはなしに[寛],

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました