万葉集3140番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3140番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3140番について

歌番号

3140番

原文

波之寸八師|志賀在戀尓毛|有之鴨|君所遺而|戀敷念者

訓読

はしきやししかある恋にもありしかも君に後れて恋しき思へば

かな読み

はしきやし|しかあるこひに|ありしかも|きみにおくれて|こほしきおもへば

カタカナ読み

ハシキヤシ|シカアルコヒニ|アリシカモ|キミニオクレテ|コホシキオモヘバ

ローマ字読み|大文字

HASHIKIYASHI|SHIKAARUKOHINI|ARISHIKAMO|KIMINIOKURETE|KOHOSHIKIOMOHEBA

ローマ字読み|小文字

hashikiyashi|shikaarukohini|arishikamo|kiminiokurete|kohoshikiomoheba

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

羈旅|望郷|恋情|女歌|遊行女婦

校異

特に無し

寛永版本

はしきやし[寛],
しかあるこひに,[寛]しかあるこひにも,
ありしかも[寛],
きみにおくれて[寛],
こほしきおもへば,[寛]こひしきおもへは,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました